エッチの話 恋愛の話

イケメンと3回目

投稿日:

イケメンと3回目

相席屋で出会った彼と3回目も会うことができた。
ブログの内容としては会ってSEXしたってだけだけど、わたしとしては幸せな一時だったし、テンションあがったのでブログに残そうと思う。

彼が仕事終わって駅に来れるのが18:30ということで、前回同様駅で待ち合わせした。

彼「ごめんちょっと遅れるかも…」

わたし「うん、大丈夫だよ♡」

どのくらい遅れるのかなぁと思いを寄せてコンビニでミンティア買った。いつチューをしてもいいように。

ちょっと早めの到着だったけど、彼はすでに待ち合わせの場所にいた。

わたし「え?ごめん遅れるって言ってたからのんびりしてた」

彼「うん、大丈夫だよ」

すぐに彼に抱きついた。

「会えたよ、嬉しい」と言ったら、彼はふふふっと笑っていた。

彼のバイクに乗り込む。

「乗れた?大丈夫?」
「乗れた!大丈夫だよ。Let's go♡」

テンションあげあげ。そして彼の家の近くにあるコンビニへ到着。それぞれ夕食を買った。外食にしようかと言ったけど、それよりも早くイチャイチャできるほうがいいよねって話をした。

彼の家に到着。夕食を済ませたあと、わたしはすぐにコンタクトを外し、洗顔しようとしていた。

時刻は20:00
「早過ぎない?(笑)」と笑われたけど、いつでも彼とイチャイチャできるように準備したかった。

そしてイケメンとのエッチへ

洗顔後、さすがに明るいところですっぴんを晒すのは恥ずかしすぎて手で顔を隠しながら彼の元へ行った。
そしてテレビでも見ようかと思ったら急に彼に腕を捕まれ、寝室へ連れていかれベッドへ押し倒された

「きゃあ!!!びっくりしたw」
わたしが慌てるうちに優しいキス。次第に激しくなってくる。
「ん、ん、ん♡」気持ちいい…。

うっとりする。彼とのキスは幸せホルモンがドバドバ出てる気がする。気がする、じゃなくて絶対にそう。

けっこうキスの時間が長かったと思う。軽いキスから、濃厚なキスから、いろんなキスをしてうっとりしてた。

もうこれで終了でもいいと思った。
キスをされながら眠りにつくのも悪くない。って思ったけど、彼はそれで終わるはずもなく、手はわたしの服の中へ。

おっぱいを出された。
そして丁寧に舐められた。
声が出る。
乳首舐めはかなり気持ちがいい。

そうこうしていると、彼の片手はパンツの中へ滑り込んできた。指を出し入れされる。もうなんだかおかしくなりそうで、

「もう無理、やめて、うぅ…」
と言った。

もちろん彼はやめてくれるはずもなく、大量に潮を吹かされるまで指を動かされた。わたしが果てたあと、彼がわたしを覆いかぶさるようにそばに来て見つめ合う

「めちゃくちゃキレイな身体」
「何度でも抱きたくなる」
とめちゃくちゃ褒められた。

彼のことは、あーぱっちり二重だ、鼻筋も通ってて素敵すぎる。イケメンだよ、誰が見ても。そんな彼とこうやってそばにいれるのは幸せすぎるんだ、と思ってたよ。

彼「どうしたの、そんなぐったりしてて」

わたし「どうしたのって…分かってるくせに」

「やめた方がよかった?(笑)」

わたし「ねえ、笑ってるじゃんwww」

男性ってさ、けっこう「やめた方が良かった?」って言うよね。あれはどう答えるのが正解なの?わたしには分からないw
「すごく気持ちよかったよ♡」がいいのかな?

それから彼はわたしの手をおちんちんの方へ誘導した。

今回も半立ち。

「舐めていいの?」
「うん、舐めて」

そんなやりとりしたあと、彼のパンツを脱がせた。

彼のかわいいおちんちんが顕(あらわ)になる。

手コキしながらゆっくり舐め始める。彼は声を出した。声を出すってことは気持ちいいのかな?って勝手に思った。

それからはギンギンガチガチにさせられず、今回も8割程度で「これ以上勃たせられない…」と弱音を吐いた。

「じゃあ、挿れようか」と言われ、正常位で挿入。奥まで入ると気持ちがいい…。そして彼のおちんちんはギンギンガチガチになった。なんでわたしのフェラじゃギンギンにならないのよ…。

とにかくわたしはイキ狂った。これ以上ないくらいに。わたしがぐったりしていると、彼はキスをしてきた。優しいキス。あぁ、ホントに幸せすぎる…

彼「そろそろイこうかな?どこに出す?」

わたし「中で…」

彼「中で出していいの?やったァ」

なぞのやったァが聞けてよくわかんなかったけど、ついでに

「子供産んでいい?」
と聞いたら
「…………うーーーん任せる!」

っていわれ、さすがにクズだと思ったね。(笑)

生の中出し、わたしはゴムつけた時と変わらないが彼にとっては気持ちいいらしい。

毎回思うけどピル飲まなきゃよかったよw

幸せな一時が過ごせてよかった。

彼「俺たちってどんな関係なんだろうね」

わたし「セフレなのかな?」

彼「そうだね。付き合ったら何かと面倒くさいしな」

わたし「記念日とかね(笑)」

彼「そうそう(笑)」

わたしは彼のセフレで十分なの。ムラムラしたら呼んでくれたらいいし。


セフレ探しならここ
PCMAX(18禁)



SEXした後は急に眠気が襲ってきて、うとうとしてた。彼は賢者タイムの最中、洗濯物を一生懸命干していた。

わたしも「手伝うよ」とか言えばよかったんだろうけどそれどころじゃなかった。眠気がヤバイ。そして気づいたら朝の6時。

彼は隣で寝ている。イケメンの寝顔、可愛すぎる。

わたしはもうすでに化粧をした。朝、バタバタしなくていいように。8時になると彼は目覚めた。

「おはよぉ」
「おはよ」

おはようの挨拶ってなんでこんなに気持ち良いんだろうね。特に直接目を見て挨拶できる、ホントに幸せだと思うの。

そうやって彼は仕事へ、わたしは彼を見送った。
以上で今回の話しはこれで終了。また会えたらいいな。見てくれてありがとうございました。


【こんなのもどうぞ】
エッチの相手はここで見つけた
エロいナースをセフレにする
若い男子はやりまくるべき
※18歳未満・高校生はご遠慮ください


当然だけどTwitterより出会えて、かつ、安心できる優良出会い系サイトはこの3つ(アクティブユーザーも多い)。女性も男性も登録は無料なので試して損はありません。ちょっとの勇気で世界が変わるよ。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX(18禁)を覗いてみる

Jメール
Jメール(18禁)を覗いてみる

ワクワクメール
ワクワクメール(18禁)を覗いてみる

-エッチの話, 恋愛の話

Copyright© 暇な看護師kirin , 2021 All Rights Reserved.