エッチの話 オフパコのこと

スーパーイケメンDr.現る(画像あり)

投稿日:

おすすめマッチングサイト

スーパーイケメンDr.現る(画像あり)

LINE@で出会った人の話をする。
突然メッセージがやってきた。具体的な自己紹介と、イケメンの顔写真。
お相手は医師だということで話してみると、同業者だし会話も楽しかった。
彼は滅多にリプやいいねはしてくれてないみたいで、存在も知らなかった。
やり取りする中で、なんとなく下着の写真を送り付けた。
これがすごく好評で、わたしは「じゃあTwitterにも載せようかな」と言った。彼が、「653いいねと予想する」と言い出したので、負けたくないと思った。Twitterに投稿。「いいね700以上でもっと過激な写真をプレゼント🎁」と表記し、いいねを待つ。どんどんいいねがついていき、彼が「これは負けだわ…」と言ったので「じゃあわたしが勝ったら、街中で手をつないでちゅーして」と言った。彼は「いーよいーよ」と言ってくれた。当日中に2014いいね。わたし大勝利。勝った喜びよりも手をつないでちゅーできることが嬉しかった。彼「クソー!参りました。条件聞きます」

彼と会う約束をした当日、20時過ぎになるかもーとのことで逆算して掃除洗濯をした。18時過ぎにはお風呂に入り、薄く化粧をした。
準備満タン。さあ、あとは彼が来るだけ。
待ち合わせ場所に着いた。彼を待つ。この待ってる時間も、彼のことを思うのでわたしにとっては前戯だ。

どんな人だろう?
どんなキスをするのだろう?
どんなセックスをするのだろう?
言葉責め…あるのかなぁ。

そんなことを考えてたら視界に誰かが走ってくるのが見えた。
ふっと目をそちらに向けると、
え、、マジでイケメンじゃん!!!
写真で見るよりはるかにイケメン!!!イケメンなことにテンション上がり、「イケメンだねー」と騒いでいたら、「シー!騒いじゃだめー!」と注意を受けた。
彼はお菓子を持ってきてくれた。
「お菓子持ってきたよ。後で渡すね」
ん、ん、ん、彼は片手にバック、片手にお菓子を持っている。
あれ?これじゃ手は繋げないのでは?モヤモヤしながらも飲食店到着。美味しい食事をしながら、それぞれのことを話す。
彼はすごく頑張り屋さんだった。詳しいことは言えないけれど、スーパーイケメンでお医者さんでって、モテるしかないよね。
なんでわたしに声をかけてくれたの?ときくと「ブログが好きなんだよね、全部読んだよ。そうやって文を書けるひとって才能あると思う」と。なんだかしっかり褒めてくれて嬉しかった。そして自信にも繋がった。どうもありがとう。
そして会計時、彼が支払ってくれた。ご馳走様です。

帰り道、やっと手を繋いだりちゅーしたりできるのかな?って思ったらそうでもなかった。わたし一人で舞い上がっていたのだ。
彼は歩幅を合わせてくれていた。どこまで紳士なんだ。
家に到着。ふたり汗をかいて、まずはシャワー浴びようかという話になった。

「もちろん2人で入るよね?」

彼はもぞもぞしながら、「2人で入るなんて…オッキしちゃう/////」
彼がそう言うため、裸になったわたしは「どれ見せてみて」と強制的にめくって見せた。
ん?割と小さめなのか?ちょっとだけ、しこしこしてみる。するとどんどん大きくなる彼のおちんちん
だいぶ立派になったおちんちんは、彼は「まだ半立ちかな」って。
やばい、これは期待してしまう。早くお風呂から上がって彼を襲わなければ。彼はお風呂中身体をジロジロ見たり、ちょっかい出したりしてこなかった。興味無いのかよ。
まあ気にせずお風呂を済ませた。

髪の毛を乾かしたあと、なんだか眠くなってきてベッドに入るなり「おやすみ」と言った。もちろん本気で寝るつもりはなくて、ただゴロンとしたかった。彼も裸でゴロンしにきて、わたしを抱きしめた。あっ、温かい。気持ち良い。

彼はわたしの手を奪い、おちんちんの方へ持っていった。す、すごい大きい。彼は身長168cm、だけどおちんちんはかなりでかいから、やっぱり身長とおちんちんの大きさは全く関係ないんだなって。改めて思ったよ。おちんちんを触っていると彼もスイッチが入ったようで、わたしのおっぱいを揉みしだいてきた。最初はものすごくやさしく、だったのに、突然激しく揉んできた。嫌いじゃない。そして下の方へ行く。
「ゆきさん、クリは苦手だったよね」よくご存知で。ブログの内容をきっちり覚えてくれてる。 彼は、やさしく1本の指を中に入れた
ぐちゅぐちゅぐちゅぐちゅ…
声が出る。気持ちが良い。
もう入れて欲しい…それを察した彼は、「もう入れたい?」と言った。
こくんと頷きながら「入れたい」と言うと「入れてくださいだろ」「はい、入れてください、、、」

ゴムを付け挿入。やっぱり気持ちいい。どこ突かれてもイッてしまいそうになる。声は我慢した。
わたしがふんばっていたら、
「あ、イク…イッていい?」と聞くため「うん…」と答えた。

大量の精子が入ったゴムを取り出す。
彼と共にベッドでごろんした。

画像は下にもまだあるよ


出会いなら絶対ここ
PCMAX(18禁)



わたし「わたしねぇ、首絞めされたいの」
「あー書いてたね、そういえばそうだった。あれってどうやるの」
わたし「こことここを押さえるの。気管支は押さえないで」
「あーなるほどね、迷走神経を押さえるわけね」

専門用語キター(笑)首絞めするのに迷走神経って言った人初めてかも。先生好き(笑)
「わたしはもっと激しく犯されてほしいの」
「えぇー!俺Sじゃないからなあ」

この発言聞きました?覚えていてください。

2回戦、ゴムを付け挿入。彼は人が変わったかのようにわたしにビンタした。「い、痛い、、、」と言うとさらにもう1発。わたしが発言しようとする髪の毛を掴み口を押さえる。そして首絞め首絞めが終わるとまたビンタ。髪の毛も掴まれた。彼はその辺でイッてしまわれた。
わたしは思った。「もっとひどいことされたい。」

彼とまたごろんする。「痛かった?ごめんね、大丈夫?」打って変わって優しい彼に戻る。

「Sじゃないとかうそやんwww」
「いやなんか好奇心でしたくなっちゃったてへ」
てへじゃねー(笑)
気持ちよかった。彼はウトウトしだした。わたしはそこら中にちらかった精子とティッシュを片付けた。
そして電気を消す。おやすみなさい。
朝になりました。

お互い裸。
これはエッチするしかないでしょう。と思ったが、寝ぼけた彼は「朝勃ちしてるけどまだ寝る〜」
ぶっ叩こうかと思った(笑)早く起きて〜😳でも昨日もお仕事大変だったんだよね。お疲れ様です。
そして2時間後、もう昼前。
起きた彼は、「舐めて〜口に出してあげるから」と言う。
「え!やだやだやだ!やだよぉ」
と言うと「ははは(笑)ちゃんと中に出してあげる」と笑いながらいい、入れてくれるのかな?と思ったら濡れてないのに突然入れてきた。「いたい、いたいよぉ、、、」と叫ぶわたし。お構い無しの彼、ほんとドSだわ。でもだんだん気持ちよくなってきて。わたしは声をあげるようになった。それから往復ビンタ、髪の毛を強く引っ張られる、首絞め、腹パン、乳首をつねられるなどなど。めちゃくちゃやられた感がある。彼がイッてしまい、終了となった。わたしは、彼のこと「カッコイイなぁ」と思った。モテて欲しくないなぁって。また絶対会いたいなって思った。
「動画とか写真撮ってくれなかったね」
「あ!ホントやwwwごめん!そゆときは撮ってくださいってお願いせんとwww」
まだSが取り切れてない様子。

彼はさよならのキスをしてくれた。
さみしい😭
お仕事だからしかたないね。ありがとう。


セフレ探しならここ
PCMAX(18禁)




【こんなのもどうぞ】
エッチの相手はここで
エロいナースと会いたい?
やりまくりたい男子へ
※18歳未満・高校生はご遠慮ください


当然だけどTwitterより出会えて、かつ、安心できる優良出会い系サイトはこの3つ(アクティブユーザーも多い)。女性も男性も登録は無料なので試して損はありません。ちょっとの勇気で世界が変わるよ。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAX(18禁)を覗いてみる

Jメール
Jメール(18禁)を覗いてみる

ワクワクメール
ワクワクメール(18禁)を覗いてみる

参考記事:オフパコのやり方

-エッチの話, オフパコのこと

Copyright© 暇な看護師kirin , 2019 All Rights Reserved.